光前寺:長野県駒ヶ根市

 名刹巡礼 古寺100選(ホーム)>光前寺
【 概 要 】光前寺(駒ケ根市)は慈覚大師円仁(平安時代の高僧、第三代天台宗座主、入唐八家)の弟子、本聖上人が貞観2年(860)に開山した古寺で、戦国時代に織田信長による武田勝頼討伐の兵火により多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失し詳細の由来は失われていますが、創建については次のような伝承が伝えられています。伝承によると本聖上人は慈覚大師円仁に師事し比叡山延暦寺で修行を重ねた後に全国に巡錫、太田切川(長野県駒ヶ根市・上伊那郡宮田村を流れる川で、天竜川水系の一級河川)の上流にある不動滝で修行していると不動明王像が滝の中から出現し、本尊として祀ったとされます。光前寺はその後、戸隠山(当時の顕光寺、現在の戸隠神社、顕光寺は明治時代の神仏分離令と廃仏毀釈運動により廃寺)、善光寺、更級八幡神宮寺(現在の武水別神社、神宮寺は明治時代の神仏分離令と廃仏毀釈運動により廃寺)、佐久津金寺、共に「信濃五大寺」又は「天台宗信濃五山」と呼ばれる程に発展し広く信仰されるようになります。中世以降は領主である武田家の庇護によりさらなる発展がありましたが、織田家による信濃侵攻の兵火により堂宇が焼失、豊臣政権下で再興され、江戸時代には幕府から朱印地60石、格式10万石を得て、学問所として多くの名僧を輩出しました。光前寺は明治時代の神仏分離令と廃仏毀釈の風潮により多くの末寺、支院が廃寺に追い込まれ衰微しましたが、現在でも仁王門(内部に安置されている仁王像は駒ケ根市指定有形文化財・彫刻)、三門(楼門:駒ケ根市指定有形文化財・建造物)、三重塔(長野県指定県宝)、本堂、経蔵(早太郎の供養の為に奉納された大般若経が収められています)、弁天堂(国指定重要文化財)が残され、参道や庭園も古寺の趣が感じられます。又、光前寺は霊犬早太郎伝説の舞台でもあり境内には早太郎の像や墓碑が建立されています。
甲信越・北陸地方の名刹巡礼 古寺100選
国上山国上寺金城山雲洞庵乾徳山恵林寺柏尾山大善寺高橋山放光寺安楽寺(塩田平)定額山元善光寺宝積山光前寺
高岡山瑞龍寺杉谷山瑞泉寺東香山大乗寺自生山那谷寺霊応山神宮寺吉崎御坊願慶寺吉祥山永平寺
スポンサーサイト

※ このサイトは「ぴあレジャーグループ」の「名刹巡礼古寺100選」で選定された寺院を取り上げています。ただし、写真は独自に撮影し、内容自体は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考に編纂しています。相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、写真や文章のコピーは遠慮してください。御理解の程よろしくお願いします。